高校からの友人がついにママになりました!

クリスマスに!

「おめでとう~!!」

産休に入ったら、隣の県くらいには旅行に行きたいわ~と

言っていて、

「臨月の妊婦、他県とか無理!」と止めておいた。

スーパーくらいが関の山で、産婦人科にすぐに行けるような

距離にいたほうがいいよ、と話していたら

臨月に入るとやっぱりしんどくなったようで、

「身重って、こういうことね…」と言っていた。

ええ、体が重いんですよね~。

私もクリスマスケーキとごちそうで重くなってますが、と

話した翌日に破水して、出産。

お正月明けの帝王切開予定が破水により帝王切開になり、

クリスマスに生まれたようです。

ママになった友達によく言われる、

「メイ、よく3人も産んだね・・・」と半ば呆れて。

大丈夫!すぐに痛みとかしんどさとかは忘れて、

「また、赤ちゃん抱っこしたい~!」と思うものなんです。

赤ちゃんが生まれたら、すぐに紙おむつを送る約束をしていたので

ウキウキで紙おむつを買い、用意していた絵本と一緒に箱詰め。

彼女の実家に送りつける約束でしたから。

「赤ちゃん、いいな~、いいなぁ~。」と連呼していると、

夫に「キリがない。」と言われた。

ここはひとつ、子どもたちの大学費用まで計算したら?と。

…恐ろしすぎて、考えたくない。

「○子さんに赤ちゃんが生まれたよ!」とこどもたちに言うと、

「いつ、一緒に遊べる?」と聞かれた。

…3年後かしら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村